コンベヤ周辺機器

株式会社 マツシマ メジャテック >  製品案内 > コンベヤ周辺機器 >  ベルト縦裂き検出器

ベルト縦裂き検出器


ベルト縦裂き検出器

ベルトの破断事故検出器
検出方式:シリコンゴム圧縮方式
取り付け場所:インパクトローラの間
サイズ:ベルト幅600~2200mm迄
出力接点:検出1接点(容量 AC 250V 2A)

ベルトコンベヤのシュート落とし口で、ベルトを貫通する異物によって起こるベルトの縦裂きを即座に検出し警報信号を出力させるスイッチです。
縦裂きを検出するセンサー部と切断信号を出力する変換器部で構成されます。
変換器にはセンサーやケーブルの切断を検出する断線警報出力も装備されており、より安全性の高いセンサーです。
インパクトローラの本数に合わせて取り付けます。センサー間をループ配線し変換器に接続するので配線コストも安く出来ます。


ファイルを開く

カタログ