レベル計/レベルセンサ 粉塵濃度計の株式会社マツシマ メジャテックのブログ おしえて メジャテッくん

おしえて メジャテッくん

マイクロ波フロースイッチ(前編)

こんにちは。メジャテッくんです

今日は製品の紹介をします。紹介する製品は、粉粒体の流れ検知をするマイクロ波フロースイッチ(以降フロースイッチと称します)です。

image-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に製品の説明をすると、フロースイッチは粉体や粒体の流れを検知するセンサです。

使用用途は、圧送ラインの流れ検知やシュート下部の詰まり検知などで、配管内の流れを監視します。

特に乾燥した粉体の流れ検知・詰まり検知に高い性能を発揮します。

 

測定原理は、マイクロ波(電波)を放射し測定物から反射されたマイクロ波を受信します。

無題123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクロ波は常に一定に発信されており、配管内で測定物の『流れ・動き』によって反射波を受信するとドップラー効果により、発信波と受信波の間に周波数のズレが発生します。(下図参照)

無題12

この周波数のズレを検知して測定物の動きとしてとらえ検出となります。測定物が流れていない場合は周波数にズレが発生しないため『流れなし・動きなし』と判断し、検出はしません。

 

未検出時と検出時の簡単なイメージ図

未検出

フロー1

 

 

 

 

 

 

 

 

フロー3

 

 

 

 

 

 

 

 

検出時

フロー2

 

 

 

 

 

 

 

 

要するにフロースイッチは配管内の測定物に流れ・動きがあれば検知するセンサです。

これ以上は長くなりそうなので今日はこの辺で。                                                        次回はフロースイッチの特徴について紹介します。                                製品情報はこちらからアクセス https://www.matsushima-m-tech.com/?id=10               お問合せはこちらから sales@matsushima-m-tech.com