システム&制御機器

マツシマメジャテック >  製品案内 > システム&制御機器 >  人協働ロボットシステム

人協働ロボットシステム



●人協働ロボットとは?



これまでは高速で高精度に作業をおこなう専用ロボットが主流でした。
安全を確保するために柵で隔たれた環境で作業をおこなう必要があるため、大量生産など限られた工場での導入に留まっていました。
これに対し近年人協働ロボットが話題を集めています。安全柵※1を必要とせず人とロボットが同じ作業環境で共存でき、安全且つスムーズに作業できるロボットです。

※1:安全柵を不要とするシステムは事前にリスクアセスメントをおこなう必要があります。

●人協働ロボットの活用事例

マツシマメジャテックが提案する人協働ロボット活用システムは、省力化を実現し「生産性」「人手不足」の問題を解決します。
多品種少量生産工場では、品種ごとに加工機の段取り替え作業を頻繁におこないながら多台持ちをしている加工機のワーク交換作業をおこなわなければならないのが現状です。そのため、その都度作業を止めて他の加工機のワークの交換作業をおこなう必要があり作業の効率(生産性)が上がらない結果となってしまいました。
マツシマメジャテックは自社工場でこの問題を人協働ロボットを活用して解決しました。
このシステム導入後は2つの加工機を人協働ロボットに多台持ちさせることで労働生産性2倍、リードタイム半減を実現しています。
マツシマメジャテックの人協働ロボット活用システムでは、ハンドキャリー式人協働ロボットによる多台持ち作業を実現し「生産性向上」、「人手不足解消」のお手伝いができます。

 

★この自社工場での事例をまとめたパンフレットをダウンロードいただくと更に詳しい内容をご覧になれます。

 


パンフレット:『ロボット導入の扉が開く!』


 
 
↓↓ 自社工場での事例を動画でご視聴いただけます。 ↓↓
 


●どうすれば導入できる?

 まず、現場が抱える悩みを洗い出してください。

「生産性の向上」「人手不足」「品質の維持」「3K作業」など問題を整理してください。
そして解決時に得られる期待(効果)をまとめて下さい。
その中から優先事項を抽出し、ロボットSIerに相談してください。
現場の確認や打合せを経た上でロボットSlerがロボットシステムの導入における期待(効果)、システム構成、工程、費用など丁寧にご説明いたします。
ご納得いくまでロボットSlerと打合せしてください。

ご納得を頂けましたらシステムの導入です。