レベル計

レベル計とは、タンクやサイロなどの貯蔵レベル、河川や潮位などの水位を連続的に計測するセンサです。物性・測定環境・用途により様々な方式が存在します。

サウンジングM's

サウンジングM'sは、汎用タイプでありながらカスタマイズ性を備えたサウンジングレベル計です。

配線は4芯ケーブルだけです。
設定はコントローラーで0%、100%、タイマー設定を行うだけで、面倒な調整は一切有りません。

高温、高圧、低温、耐圧防爆(d2G4)、等さまざまな環境に対応できるようカスタマイズできます。
また、粉粒体・塊体のみならず、液中に沈殿する沈殿物の測定にも対応できます。
更には、必要なときだけ移動して計測できるよう移動台車やレールを組み合わせたカスタム事例もあります。


> カタログ ダウンロード

 

 



サウンジングM’s紹介動画



測定物を確実に捉えて計測


昔は人がウエイトのついたロープを使って貯蔵レベルを計測していました。これを自動化した装置がサウンジングレベル計です。重錘式レベル計とも呼ばれます。
ウエイトを使って測定物を物理的に感知するため、その確実性と人の手で計測する感覚に近いことから安心と信頼をいただいてます。


測定環境に合わせたウエイト形状


サウンジングM'sは非常に軽量な微粉体から塊体まで測定できます。測定物の粒度や嵩比重を考慮しウエイトの形状を変えて測定します。



 


測定環境に応じたカスタマイズ


● 特殊事例1:高温の測定物を必要なときだけ移動して計測


走行測定タイプ

写真は自走タイプのサウンジングM's
通常は待機しておりお客様からの司令信号で計測に向かいます。

例えばこんな特殊用途でご利用いただいております。

  • 高温の測定物の測定
  • 必要なときだけ測定に行く自走式サウンジング
  • 液中堆積物の測定
  • 遠隔からの測定

 


● 特殊事例2:液中沈殿物でも確実に計測


サウンジングM's は性能と機能を充実させたスタンダードタイプのサウンジングレベル計です。
当社のサウンジングM'sは一般的な用途だけではなく、水の中に沈殿した固体(沈殿物)でも確実に安定したレベル計測が行えます。



測定実績


  • 海水中の塩面計測
  • 水中沈殿クリンカ計測
  • 液中飽和塩層計測
  • 堆砂(貯水池内)

検出トルクの調整
水面での抵抗による誤作動を防ぐために、検出トルクを調整し堆積物での着床を安定して測定できます。

特殊ロープ
高強力、耐熱性、耐薬品性に優れたロープやPTFE チューブで被覆したワイヤーロープなど選べます。

特殊ウエイト
液中の浮力と抵抗を最小限に抑えた特殊形状のウェイト、液体の性質にあわせた材質選定・表面加工などで対応しています。



>PDF ダウンロード



 



> カタログ ダウンロード


 



 


 
こちらの製品に関するお問い合わせはこちら


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。