変換器

レベル計用の変換器です。2線伝送式レベル計に対応します。1台でディストリビュータ・アイソレータ・警報設定器・HART通信・指示計としての機能を備えています。

シグナルコンディショナ

表示機能付きディストリビュータでアナログ出力を備えたレベル計、圧力センサ、粉塵計などの変換器としてご利用ください。2線伝送、HART通信にも対応します。

センサと接続することで、制御に必要な情報をワンユニットで出力します。フリー電源、二カ国語表示を装備しており、世界中に使いやすさと安心を提供いたします。


 

 

カタログ ダウンロード


1台3役



3つの機能を1つにまとめました。
ディストリビュータ、アイソレータ、警報設定器の機能をこれ一つで賄います。

2線伝送方式のセンサに対応(ディストリビューター)
2線伝送方式のセンサに電源を供給し、センサからのアナログ出力を受信して値を表示します。
供給電源:DC20~28V

HART通信接続に対応
シグナルコンディショナにはHARTセンサ接続端子が標準装備されています。付属のコネクタを端子に挿入し通信モジュールと接続することでHART対応機器の調整が可能になります。


便利なヒステリシス設定機能


ポンプをON-OFF制御


警報接点出力はヒステリシスを任意に設定する事が出来ます。
図のようにONとOFFのポイントを設定すると、1つの接点でポンプなどのON-OFFが可能です。


チャタリングを防止


レベル計測、圧力計測、温度計測などいずれもアナログな出力をするものは一定に見えるようですが、厳密には値は常に変化しています。
そのためヒステリシスが小さく変更できない機器では警報接点出力の際にチャタリングが発生してしまいます。シグナルコンディショナはヒステリシスを細かく任意に設定することできるのでチャタリング防止につながるのです。


2つの故障警報出力を装備



アナログ出力(DC4~20mA)、警報接点出力(2C)だけではありません。
センサー側の故障による故障警報と自己診断機能によりシグナルコンディショナ自体の故障警報をそれぞれ接点出力できます。


多彩な表示単位


多くのセンサとの接続に対応するため22種類の単位を準備いたしました。


 
■LCDデジタル指示計
デジタル表示機能が装備されているため、現場まで行かずにレベル表示が確認できます。
表示は“-99999 ~ 99999”と5桁あり、表示設定の自由度が広がります。
 


フリー電源


供給電源がAC85 ~ 264Vと幅広くグローバルに対応します。


出力機能


■警報&故障接点器
接点出力を4点装備
・警報接点×2
・本体異常×1
・センサ異常×1
設備の状態を知るだけではなく、機器の異常も素早くキャッチ!

■2種類のアナログ信号
2種類のアナログ出力信号を装備し、自由な接続が可能
①電流:DC4~20mA(DC3~24mA)/負荷抵抗:750Ω
②電圧:DC1~5V(DC0.75~6V)/負荷抵抗:500Ω



ワンユニット


■3つの機能を一つにあれもこれも一台で!
3つの機能が備わった機器にも関わらず手のひらサイズ!
盤内のわずかなスペースにジャスト・フィット!



> カタログのダウンロード


こちらの製品に関するお問い合わせはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


導入を検討(会員専用)

その他の商品

お問い合わせ