シュート詰まり検出

ベルトコンベヤの乗り継ぎで使用されるシュートでは、シュート内でのブリッジや後工程のベルトコンベヤのスリップなどにより発生します。搬送物がオーバーフローして生産ロス、大気汚染、メンテナンス費用増大に繋がるためシュートの詰まりをお知らせするスイッチの設置は非常に重要です。

シュートスイッチ

シュートスイッチはシュート側壁に穴を開け設置します。シュートが詰まると搬送物がシュートスイッチ内部の検出板を押してスイッチが働く仕組みです。
シュート内に出っ張りが無いため搬送の邪魔になりません。
石炭火力発電所や製鉄所などの鉱石搬送コンベヤシュートで多く利用されています。


 

 

カタログ ダウンロード


シュートスイッチ-紹介動画



シュート内に出っ張りません


シュートスイッチはシュート側壁に穴を開け、図のように設置します。シュートが詰まると搬送物が検出板を押してスイッチが働く仕組みです。シュート内に出っ張らないためシュートスイッチ自体が詰まりの原因になることは有りません。


防爆エリアにも対応



形式 ELPP-22DEX
本質安全防爆型 Exia Ⅱc に対応するモデルです。
リレーバリアと組み合わせてご利用ください。


シュート詰まり検出にはレベルスイッチが利用されることもあります。


満量スイッチ


主に粒・塊体の測定物のシュートホッパーに利用されます。
付着の影響を受けず、多少の衝撃にも耐えられる頑丈な構造のため鉄鉱石や石灰、石炭などの鉱石のシュートに利用されることが多いです。


> カタログのダウンロード


こちらの製品に関するお問い合わせはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


はじめての検討

詳しく知りたい(会員専用)

導入を検討(会員専用)

その他の商品

お問い合わせ