お役立ち情報

圧力計からの更新でスラリータンクの清掃頻度が6ヶ月に1回に



原料の付着の激しいタンクでのマイクロ波レベル計の導入事例をご紹介します。


お客様からのご要望


炭酸カルシウム製造のスラリータンクを圧力計でレベル計測していましたが、原料付着が激しく圧力計が動作不良を

 

起こすため半月に1回の清掃が必要でした。また、内容物が高温で清掃時に大怪我をする危険性がありました。

 

そこでメンテナンス面・安全面両方の観点から非接触で計測でき原料付着に強くメンテナンス性に優れた機器への

 

更新が求められました。


 

 

 

-

解決策

マイクロ波レベル計が解決します。

 

非接触計測のため清掃時の安全性が向上します。また、稼働部がなく、消耗品がないためメンテナンス性に優れます。

 

そして、付着防止用のテフロンコーティングアンテナにすることで、清掃頻度が半月から6か月以上に向上しました。

 




6ヶ月経った後でも、安定して計測可能なことを確認済み‼

 


清掃回数が減ったことで、お客様に大変喜ばれました!

 

● 機器への付着が軽減され、清掃費のコスト削減ができた。

 

● 清掃回数が減り、清掃時の危険を伴う回数が減少した。

 

 


=


こちらの製品に関するお問い合わせはこちら


 

非接触で貯蔵レベルを安定計測できる マイクロ波レベル計 

マイクロ波レベル計とは粉塵・蒸気・高温環境の中の液体タン
クや粉粒体、塊体などの貯蔵レベルを非接触で計測できるレベ
ル計です。
在庫管理や制御による設備の自動化や省力化に貢献します。


お問い合わせ