お役立ち情報

付着による誤検知を防止!人件費・清掃費・原料費を削減



お客様からのご要望


茶葉やカツオペーストなど、原料タンクに設置している上限検知用レベルスイッチで誤検知が多発していました。

 

また、オーバーフローにより、人員を割かれ、清掃費が嵩み・原料費の損失が問題となっていました。

 

そのため、誤検出しにくいレベルスイッチを探されていました。

 

 

 

アドミタンス式レベルスイッチが解決します

一般的な静電容量式レベルスイッチとは異なり、タンク壁や接地電極の付着の影響を受けないプローブ構造(下図)で

 

誤検知を防止します。また、1つの基板で高感度から低感度までをカバーするので 測定物に応じて基板を選

 

びなおす必要がありません

 

 

一般的な静電容量式とアドミタンス式の構造の違い



使い易さを追求した5つの機能

①動作LEDで遠隔からも
動作状況が一目で確認できる


②ねじアップ端子台で
設置作業もラクラク


③ハウジング部が310°回転し、
設置後の配線方向も変更可能


既設に合わせた接点と動作LEDの調整が可能


⑤フリー電源(AC/DC22~264V)のため、
電源考慮が不要



お客様からの声


お客様からは「誤検知することがなく計画通りの生産が出来るようになり、人件費・清掃費・原料費の削減

 

できた。」 と大変喜ばれました。 更には「予備基板が1種類で済むの は経済的ですね。」ということでした。

 

お陰様で工場内に ある様々なタンクの上限検知用として導入して頂きました。

 



スライム実験|どこまで付着に強い?


スライムによる実証テスト/こんなに付着しても誤動作しない!


測定物に導電性の高いスライムを用い実証テストを行いました。
写真はテスト風景です。詳しくはテスト動画をご覧ください。




詳しくはこちら

詳しくはこちら


 
> 製品ページ ┃ アドミタンス式レベルスイッチ


こちらの製品に関するお問い合わせはこちら


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


お問い合わせ