カイゼンガイド

コンベヤ発電で配線コスト削減!



近年、ベルトコンベヤの予知保全のために振動計や温度センサなど様々なセンサが開発され、Iot技術と組み合わせることで遠隔診断できるようになりました。配線コストを抑えるため信号の無線化は当然ですが、その電源はどうされていますか?電源だけは配線が必要で、せっかくの無線化が効果を発揮できないのではないでしょうか。

そこで、もし、電源を現場調達する事ができたらどうでしょう。Iotの恩恵を最大限に享受できるかもしれません。
コンベヤ発電はそれを実現します。機長の長いベルトコンベヤで発電すればかなりの配線コスト削減が期待できます。


コンベヤ発電とは?


コンベヤの動力を利用して現場で発電する発電機です。
コンベヤを診断するセンサやその信号を出力する無線機器などの電源としてご利用いただけます。


コンベヤ発電機


 
 
コンベヤ発電機とIotを活用したイメージ


発電イメージ



 
コンベヤ発電を利用するメリット


メリット1

配線コストを削減し、更に省資源にも貢献します。



メリット2

クリーン発電とは異なり気象条件に左右されず安定的に発電できます。



メリット3

太陽光発電とは異なり粉塵の影響を受けないのでメンテナンスが楽です。



他にも「断線の心配が殆どない」、「高圧線との混戦による誘導の心配がない」と言ったメリットもあります。