お役立ち情報

製鉄所 傾注樋用傾動発信機 導入事例


高炉より出銑される溶銑を転炉に輸送する器(鍋、混銑車)に移す際の傾注樋の傾動角度を検出する用途にシンクロ発信機が使用されています。
高温雰囲気のため、許容周囲温度MAX150℃の発信器を使用して対応しています。



シンクロ発信機



こちらの製品に関するお問い合わせはこちら


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


お問い合わせ